【平成30年度】国民年金保険料と保険料免除制度について。

2018/04/26

平成16年度から段階的に引き上げられてきた国民年金保険料でしたが、平成30年度はやっと少し下がることになったようです。

平成30年度の国民年金保険料は、月16,340円です。

29年度より150円引き下げられているんですね。

【過去5年間の国民年金保険料(一ヶ月分)】

平成25年度 15,040円
平成26年度 15,250円
平成27年度 15,590円
平成28年度 16,260円
平成29年度 16,490円
平成30年度 16,340円

30年度は下がったとはいえ、平成25年度からの保険料を見てみると、だいぶ上がっていますね・・・。

1か月分の金額なので、1年間とするとすごく大きな金額です!!

 

国民年金保険料の免除・納付猶予

収入が減ったり失業などによって、国民年金保険料を納めることが経済的に難しくなったとき、そのまま「未納」にせずに「免除」「納付猶予」の手続きをすれば、年金の受給資格期間(25年以上必要だったものが、平成29年8月1日からは10年以上に短縮)に算入されます。

保険料免除制度とは。

前年度の所得が一定額以下の場合や失業した場合など、国民年金保険料を納めることが困難な場合は、申請書を提出。

承認後に保険料の納付が免除になります。

免除される額は前年度の所得によって変わります。

免除される額・・・全額
         4分の3
         半額
         4分の1

保険料納付猶予制度とは

20歳から50歳未満の方で、前年度の所得が一定額以下の場合は、申請書を提出・承認後に保険料の納付が猶予されます。

未納ではなく手続きをすることのメリット

保険料を免除された期間は、老後の年金を受け取るときに2分の1受け取れます。(手続きをせずに未納となった場合は受け取れません)

また、保険料免除・納付猶予を受けた期間中にケガや病気で不慮の事態が発生した場合、障害年金や遺族年金を受け取ることが出来ます。

※保険料免除・納付猶予した期間分は、10年以内であればあとから追納して年金がもらえるときの受給額を満額に近づけることが出来ます。ただし、保険料免除・納付猶予を受けた期間の翌年度から起算して3年度目以降は、当時の保険料に一定の金額が加算されます。詳しくは、市区町村の国民年金担当窓口へお問い合わせください。

 

前納すると保険料が割引されます!

国民年金保険料って前納すると割引されるって知っていますか?

一般的な支払い方(翌月末振替)を、当月末振替にするだけで、毎月50円割引されるんです!

日本年金機構HPより。

まとめて2年分を前納すると、15,650円(月652円)も割引されることに!

納付方法の変更は、金融機関や年金事務所で簡単にできますので、ぜひ利用してみましょう。

 

-支援制度

おすすめ記事

1
取得しやすく収入が多い!シングルマザー(母子家庭)に本当におすすめの資格とは。
これからの子供との将来を考えて、資格を取ろう!と考えているシングルマザーにおすす ...
2
児童扶養手当(母子手当)はいつからもらえる?
私たちが「母子手当」と呼んでいるものは、正確には「児童扶養手当」といいます。 母 ...
3
母子手当(児童扶養手当)は、実家暮らしでも支給される?
一番気になるお金のこと。 児童扶養手当が支給されれば生活はとても助かりますが、実 ...
4
離婚を前提とした別居準備。衝動的な別居はデメリットが多い!
はじめに・・・ 別居を勧めるつもりは全くありません。ご了承ください。 別居の準備 ...
5
シングルマザー(母子家庭)って、もしもの時いくら必要?どんな保険に入ればいい?
離婚をして大黒柱が自分になると、保険のことは早い段階で考えなければいけません。 ...