シングルマザーになってからでも取得できる国家資格。

シングルマザーの中には、生活費や教育費などにとても不安を持ちながら生活している人がたくさんおられます。

働いても思うような収入が得られずに、貧困状態にある母子家庭も母子家庭全体の6割以上になるとか・・・(;゚Д゚)

そんな中で、収入を上げたい!収入アップにつながる資格を取りたい!と思うお母さんは多いんじゃないでしょうか?

 

平均収入の高い資格ランキング

平成25年に調べられた、平均収入が高い資格上位3つは、

  1. 医師     年収1098万円
  2. 弁護士    年収1094万円
  3. 公認会計士  年収717万円
    税理士    年収717万円

となっています。資格別 平均年収&時給ラキング(平成27年)-年収ラボより。

1位と2位は、さすが!って感じですよね。

世間的にも高収入と言われているので納得だし、それなりの勉強をしないと簡単になれるものではないですもんね。

でも、3位に入った「公認会計士」と「税理士」は、大人になった今でも、シングルマザーになってからでも取得できる資格なんです!

 

シングルマザーになってからでも取得できる国家資格。

なぜ国家資格にこだわるのかは、「取得しやすく収入が多い!シングルマザー(母子家庭)に本当におすすめの資格とは。 」で書いた通りですが、ぶっちゃけて言うと「稼ぎ」です。

国家資格があるだけで、収入が全然違うんです。

取得方法は、通信だけで数カ月で取れるものとは違って時間も努力も必要ですが、その分収入が違います。

2~3年頑張れば、その後の安定した収入が約束されるし、その収入も勤めれば勤めるほどどんどんアップしていきますね(≧▽≦)

 

シングルマザーがこれからでも取得できる国家資格を年収別ランキングで表してみました。

興味があるものは、資格名をクリックすると仕事内容や資格を取るための資料が無料で請求できます。

取得費用がどのくらいか、期間はどのくらいかかるか、調べるだけでも第一歩ですよね!

【年収別】シングルマザーがこれから取得できる国家資格TOP10

  1. 公認会計士      年収717万円
  2. 税理士        年収717万円
  3. 社会保険労務士    年収670万円
  4. 看護師        年収478万円
  5. 作業療法士       年収404万円 ※
  6. 理学療法士      年収397万円
  7. 准看護師       年収395万円
  8. ケアマネジャー     年収369万円
  9. 歯科衛生士      年収352万円
  10. 栄養士        年収339万円

※准看護師資格は、「国家資格」ではなく都道府県の試験に合格したら取得できる資格です。

 

この中でも、医療・介護系の資格の求人はどの地域でもとても多く、人材不足にあるようで、これからの将来も高齢化社会が進んで需要は増えると思います。

なので、看護師やケアマネジャーの資格取得後は他の資格に比べると就職しやすい資格と言えます。

公認会計士や税理士は、デスクワークだけでなく営業なども仕事です。

将来的には独立することも可能な資格なので、自分の時間がうまく使えて収入もアップできる可能性も広がります。

やりがいも十分に感じられそうですね!

 

シングルマザーが資格を取るための費用を支援してくれる制度があります!

  ⇒ シングルマザーが資格を取得するために利用できる支援制度

資格取得のために通学している間の生活費を助成してくれる支援制度もありますので、資格取得を考えている人はぜひ利用しましょう! 

初任者研修
▲介護職員初任者研修はケアマネジャーへの第一歩です

 

-仕事・資格

おすすめ記事

1
取得しやすく収入が多い!シングルマザー(母子家庭)に本当におすすめの資格とは。
これからの子供との将来を考えて、資格を取ろう!と考えているシングルマザーにおすす ...
2
児童扶養手当(母子手当)はいつからもらえる?
私たちが「母子手当」と呼んでいるものは、正確には「児童扶養手当」といいます。 母 ...
3
母子手当(児童扶養手当)は、実家暮らしでも支給される?
一番気になるお金のこと。 児童扶養手当が支給されれば生活はとても助かりますが、実 ...
4
離婚を前提とした別居準備。衝動的な別居はデメリットが多い!
はじめに・・・ 別居を勧めるつもりは全くありません。ご了承ください。 別居の準備 ...
5
シングルマザー(母子家庭)って、もしもの時いくら必要?どんな保険に入ればいい?
離婚をして大黒柱が自分になると、保険のことは早い段階で考えなければいけません。 ...