母子(父子)家庭自立支援給付金(資格取得のための支援制度)

シングルマザー(母子家庭の母または父子家庭の父)でない人が新しく資格を取得するときにも利用できる支援制度がありますが(教育訓練給付制度)、シングルマザーが資格を取得しようと思うときには専用に利用できる制度があります。

時間がない上に金銭的にも厳しい状態にあることが多い母子家庭にはとてもありがたい制度です。

これから資格の取得を目指そうと思っている方は、ぜひ利用してみて下さい。

資格によって利用できる制度や支援される給付割合が変わっています。

またこの制度が利用できない資格もあるので、資格の取得を目指す前に対象の機関に相談して下さい。

 

 母子家庭自立支援給付金及び父子家庭自立支援給付金

①自立支援教育訓練給付金

母子家庭の母または父子家庭の父が、対象となる講座の教育訓練施設(通信教育も)に支払った費用の20%を給付してもらえる。(上限10万円)

給付対象となる方

児童扶養手当の支給を受けているなどいくつかの要件があります。

この制度について詳しくは厚生労働省のHPで確認してみてください。

 →母子家庭自立支援給付金及び父子家庭自立支援給付金事業の実施について 

対象講座の一覧はこちら →教育訓練給付制度[検索システム]

 

②高等職業訓練促進給付金

 母子家庭の母または父子家庭の父が、看護師や介護福祉士などの資格取得のために2年以上養成機関で修業する場合に、修業期間中の生活費の負担軽減のための給付が受けられます。(月額10万円など)

給付対象となる方と給付対象の資格

児童扶養手当の支給を受けているなどいくつかの要件があります。

給付対象の資格は、養成機関において2年以上の修業を要するものなどの規定があります。

給付対象の資格の例・・・看護師、介護福祉士、保育士、理学療法士、作業療法士等

詳しくは厚生労働省のHP →

母子家庭自立支援給付金及び父子家庭自立支援給付金事業の実施について 

 

この制度を利用するときの注意!

講座の申し込み前に、各都道府県・市の福祉事務所などに相談してからでないと、給付の対象にならないことがあります。

必ず事前に窓口に相談に行きましょう!

 

シングルマザーになって、一生使える資格の取得を考える方はとても多いです。

収入もそれなりにあり、仕事にもやりがいを感じられる職業に就ければ子供との生活も安定していくのではないでしょうか。

そう考えたときに、このような支援が受けられればとてもありがたいですね。

奨学金のように、資格取得後に返金する必要はありません。

資格の取得を考えたときには、必ず事前に都道府県や市の窓口に相談してからにしましょう。

 

子供を連れて仕事が探せる!「マザーズハローワーク」

そのほかに、「マザーズハローワーク」・「マザーズコーナー」と言って、子育てをしながらでも仕事が探しやすいようにと、子供連れで行けるハローワークがあります。

予約制でじっくりこちらの就業希望を聞いてもらえたり、保育所などの子育てに関する相談もできます。

利用料などは一切無料です。

マザーズハローワーク・マザーズコーナー|厚生労働省

医療事務

 

-支援制度

おすすめ記事

1
取得しやすく収入が多い!シングルマザー(母子家庭)に本当におすすめの資格とは。
これからの子供との将来を考えて、資格を取ろう!と考えているシングルマザーにおすす ...
2
児童扶養手当(母子手当)はいつからもらえる?
私たちが「母子手当」と呼んでいるものは、正確には「児童扶養手当」といいます。 母 ...
3
母子手当(児童扶養手当)は、実家暮らしでも支給される?
一番気になるお金のこと。 児童扶養手当が支給されれば生活はとても助かりますが、実 ...
4
離婚を前提とした別居準備。衝動的な別居はデメリットが多い!
はじめに・・・ 別居を勧めるつもりは全くありません。ご了承ください。 別居の準備 ...
5
シングルマザー(母子家庭)って、もしもの時いくら必要?どんな保険に入ればいい?
離婚をして大黒柱が自分になると、保険のことは早い段階で考えなければいけません。 ...