未婚ひとり親の住民税軽減と新しい手当。

昨日は未婚のひとり親に対する寡婦控除のことで難航していると出ていましたが、、、。

未婚のひとり親に寡婦控除難航・・・?

あれから新しい支援が決まることで合意したようです。

未婚のひとり親も、住民税非課税を。

現在は、婚姻歴のあるひとり親にだけ適用されている寡婦(寡夫)控除。

「未婚と離婚」同じシングルマザーでも違う税金。

それが、どうして未婚のひとり親には適用されないのかと議論されていましたが、やっと少し「マシ」になりそうです。

①住民税は非課税に。

婚姻歴のあるひとり親が受けている支援と同じように、未婚のひとり親で年間所得が125万円以下の場合は住民税を非課税にしよう。ということになりました。

今までは、低所得のシングルマザー(婚姻歴あり)のみ、住民税は最大30万円が所得から差し引かれていましたが、それが未婚のひとり親にも適用されることになります。

30万円って本当に大きいんです。

②所得税の非課税は見送り。

なんでだろうなぁ~。
どうして住民税は良くて所得税はダメだったんだろう。

自民党と公明党で譲り合った?

母子家庭の毎日の生活はそんな譲り合いとかヌルイ感じではないところもたくさんあるのに。

③年17,500円の手当を新設。

②の所得税が非課税にならなくて、その負担をやわらげるために、未婚のひとり親で年収365万円までの方は年間17,500円の手当が支給されるそうです。

所得税が非課税になるのとどっちが助かるのかは所得にも子供の人数にもよると思うので分かりませんが、こんなややこしいことしなくても「寡婦控除」として住民税も所得税もひとり親はみんな一緒にすることは出来なかったのかな。

そこまでして、婚姻歴のあるひとり親と未婚のひとり親の区別を付けたいってことなんだろうか。

朝日新聞より引用

区別?差別?もう分かりませんが、少しでも未婚のひとり親の方の負担が軽減されることは間違いないのでひとまずこれでヨシと思うしかないですね。

 


【シングルマザー副業応援プロジェクト】始めました!
月20万円の副収入を得られるコツを公開しています☆
▶「シングルマザー副業応援プロジェクト」

更新情報あげています。
フォローよろしくお願いします(*‘ω‘ *)

ランキングに参加しています。
クリックしてもらえると頑張れます☆


 

▲離婚して不要になった結婚指輪を買取してもらいました!

-シングルマザーのリアルなブログ。, 支援制度