【お年玉の相場】小学生・中学生・高校生・大学生編。

5歳までのお年玉の相場をまとめましたが、今回は小学生~大学生のお年玉の相場です。

金額が全然違う!!
お年玉貯金も始めないといけなくなりそうな・・・。

【お年玉の相場】小学生のお年玉はいくら?

まずは小学生のお年玉から。

1年生・・・500円~3,000円

↓ ↓ ↓

6年生・・・5,000円

1年生の時点でだいぶ開きがありますが・・・( ;∀;)

5歳までのお年玉の一般的な計算式が

「年齢÷2×1,000円」

ということで、5歳で2,500円だったので、1年生となるとやっぱり3,000円くらいが多いみたいですね。

子供(0~5歳)にあげるお年玉、みんなの相場はいくら?

1年生とはいえ、欲しいものはしっかり高い(笑)。
500円ではブーブー言われそうです(ウチの次男なんて年長でも言ってる)。

6年生にもなると1人5,000円にもなるのか~。

年の近い兄弟がいると、金額に差があるとケンカになりそうだし、そこは家庭環境とお財布との相談です。

そして、距離の離れた甥っ子姪っ子などに渡す時には、「入学祝い」「卒業祝い」も一緒に渡すこともあるそう。

どの学年でも10,000円という声が多かったですね。

こちらはお年玉とは別の袋に入れて渡します。

スポンサーリンク

【お年玉の相場】中学生のお年玉はいくら?

次は中学生です。予想通り、どんどん上がっていきます(+o+)

中学1年生・・・5,000円

↓ ↓ ↓

中学3年生・・・10,000円

自分の子供、甥っ子姪っ子の多い方は、このころからお年玉のために積立貯金を始めなければいけないかもしれません(T_T)
金額がデカい☆

自分が中学生だった頃もこれくらいもらってたかもなぁ。

お年玉で欲しいものも高かったと思うし。(何を買ったかは全く覚えていない)

元旦が憂鬱になってくる頃ですね。

【お年玉の相場】高校生のお年玉はいくら?

そして、高校生です。

高校1年生・・・5,000円

↓ ↓ ↓

高校3年生・・・10,000円

中学生と同じ相場になっていますが、注目はその割合。

高3にもなると、ほぼ半数が10,000円だとか(゚д゚)!

高校生兄弟や甥っ子姪っ子が多ければ、3万4万・・・とあっという間に諭吉様が飛んでいく・・・。

【お年玉の相場】大学生にもお年玉は渡す?

そして大学生です。

大学生にもお年玉は渡すのでしょうか?

その過程の考え方にもよりますが、ウチの場合はもらっていましたね~。

親からではなく、おじいちゃんおばあちゃんから。

もう親戚からはもらったりもらわなかったりいろいろでしたが、祖父母にとって孫は大学生でもカワイイもの。

そして金額は安定の10,000円です。

都会の大学に出ていたこともあり、お正月に帰省していたのでお年玉兼おこずかいとしてもらえていたというのもあるかもしれませんね(*‘ω‘ *)

 

入学卒業祝いも同時に渡すことも。

小学生のところでも書きましたが、遠いところに住んでいてお正月くらいしか会わない子供たちにお年玉を渡すときには、「入学祝い」「卒業祝い」も同時に渡すことも多いそうです。

相場は小中高と10,000円が最多。

でも、高校卒業の時だけは卒業旅行のおこずかい、大学入学のお祝いもかねて、など、さらに大きなお祝いを持参することもあります。

あ~お正月・・・(T_T)

新年も、入学も卒業もすごくおめでたいことなんだけど、お金が飛んでいく~~~~☆

 

いくらかは親が貯金していました。

私の家は、お正月やお盆になると親戚が帰ってくる方の家でした。

田舎なので周りの家も親戚だらけ。

なので、お年玉は毎年数万円。お正月が楽しみで仕方がなかったですね(笑)。

でも全て自分で管理するのではなく、大半は母が預かって貯金していましたね(多分)。

そりゃあ小学生が大金持っててもなくすかよく分からないものを買うのがオチ。

自分がもらったのに何でお母さんに渡さないといけないの?!と当時は腹が立ってましたが(笑)、今思うと当然です。

その貯金で学校に行かせてもらえたんです。

自分が母になった今、もちろん私もそうしています。

さぁ、もうすぐお正月ー!

その前にクリスマスも・・・。

出費が重なりますね(+o+)


宝くじが当たったら (講談社文庫)

 


更新情報&つぶやきボヤキしています。
フォローよろしくお願いします(*‘ω‘ *)

ランキングに参加しています。
クリックしてもらえると頑張れます☆


 

▲離婚して不要になった結婚指輪を買取してもらいました!

-シングルマザーのリアルなブログ。