次男が貧血?非特異的IgEとは。

次男が円形脱毛症になり、皮膚科に通い始めてから2ヶ月以上が経ちました。

そして、今回の受診で初めて血液検査をすることに。

「貧血があるね~」

今度は貧血ですか・・・。

次男が貧血?数値は微妙なところ。

「ヘモグロビン」が平均値より0.3低い。

まだ6歳なのに、しかも男の子なのにもう貧血?(T_T)

円形脱毛症といい、貧血といい、やっぱりショックです。

「貧血があると、かゆみが出やすいから・・・」という説明で、子供でも飲める貧血のお薬「インクレミンシロップ」が処方されました。

私も小さいころから貧血持ちでした。
そして、私の母も貧血でした。

次男は男の子だけど、もしかしたら遺伝もあるのかな~と思ったりもして、帰ってから子供の貧血について調べてみると・・・。

貧血の基準(WHO)
赤血球数では350万以下はいずれの年齢でも貧血といえる。
ヘモグロビンでは生後6ヶ月~6歳 Hb 11g/dl以下 Ht 33%以下
        6~12歳      Hb   12g/dl以下 Ht 36%以下
                        (妹尾小児科HPより)

ん??基準値が違う。
他のサイトを見てみても、小児期は大人と比べて基準値が違ったり、軽度でも12以下と書いてあったり。

そんなに気にしなくてもいい数字かも?

でも確かに低い方ではあるので、シロップは飲み切ってみようと思います。

そして食生活も・・・。難しいなぁ。。。

 

スポンサーリンク

アレルギー値はやっぱり高め。

他に、アレルギー検査もしてくれてました。

非特異的IgE値とは、「体の中でアレルギーを起こす体制がどれくらい整っているか。」を表す数値だそうで、それが高いとアレルギー反応を起こしやすいそうです。

でも、高いからといってアレルギーの程度がひどいとは限らないそうで、さらに、アレルギーを起こしているかどうかという数値でもないらしい。

こちらは↓、その非特異的IgE値の標準値。

これと比べると、6歳の次男はアレルギーを起こせる体制が整っているということになりますね(>_<)

皮膚科の看護師さんによると「症状がひどく出ているとき、季節の変わり目、本人の体調」などによってこの数値は変化するようなので、ずっとこのままではないみたい。

難しいけど、数値の高さから見て「次男はアレルギー体質」ということは間違いなさそう。

高い人は10,000超えるらしいので、それと比べるとまだマシだと思ってしまうけど、標準の人と比べるとマシではないよね(+o+)

また、

非特異的IgEは抗原を避ける努力をしていると下がってきます。(ベイビールーム)

ということなので、次男のアレルギーの元になるハウスダストやヤケヒョウダニなどを避けると次男もラクになってくるかも。

何かいろいろ大変だけど、ツラいのは次男なので私も出来ることは頑張ろうと思います☆


アトピーなんか飛んで行け!―アトピー克服実践マニュアル

 


更新情報&つぶやきボヤキしています。
フォローよろしくお願いします(*‘ω‘ *)

ランキングに参加しています。
クリックしてもらえると頑張れます☆


 

▲離婚して不要になった結婚指輪を買取してもらいました!

-シングルマザーのリアルなブログ。