母子家庭は保育料の免除を受けるために、地区の民生委員の証明が必要。

来年度のこども園や学童の申込書を提出する時期になりました。

ウチの子供たちは、来年1年生と4年生。
次男は今年度でこども園を卒園します。

長男の時から数えると8年近く通ったこども園ももう終わり。

寂しいほうが大きいな~。
ずっとこども園に通ってほしい(笑)。

 

スポンサーリンク

保育料免除には民生委員の証明が必要。

この申込書を書くときにいつも面倒だな~と思っていたのが、保育料免除の申請をするために、自分の住む地域の民生委員さんにハンコをもらわないといけないこと。

現在の保育料は、全国的に「1人目は半額免除、2人目は全額免除」となっています。(例外あり)

母子家庭(ひとり親家庭)の保育料の免除と減額。

この免除を受けるために、私の住む地域では「自分は母子家庭の母です。」ということを民生委員さんに証明してもらわないといけないんです(>_<)

どこの地域もそうかな?

この作業?がとてもイヤでした…(T_T)

民生委員さんはそれが仕事なので何とも思っておられないかもしれませんが、「保育料が免除されるので、母子家庭であることの証明をしてください。」と(口に出して言わなくても)民生委員さんの家に行ってお願いするのがイヤでしたね~(T_T)

こども園への入園申込書は、結局のところ市区町村に提出するので、私が母子家庭だということも、私の収入の1円単位までも分かっているハズ。

それをわざわざ民生委員の印鑑をもらう必要があるのか?

私が印鑑を押してほしいと行ったとき、私が母子家庭であることも知らなかった民生委員。

毎年証明してもらわなければいけなかったので、だんだんと覚えてもらったけど、母子家庭だということを知らない民生委員に印鑑もらう意味って何?

でも、この印鑑1つで月数万円の保育料が免除になる。
そう思えば押してもらうしかないんだけど・・・。

保育料免除の制度には本当に助かりましたが、この証明をもらいに行くのが毎年本当にイヤでした(T_T)

来年度からは次男も小学生なので、保育料免除の申請は必要なくなります☆

その代わり?、今度は長男がすでにお世話になっている就学援助に次男もお世話になるのですが、こちらは民生委員の証明は要りません。

就学援助制度とは。

同じ市が手続きするのにこの違いは何だろう。義務教育だから?

証明をもらうにしても、個人の家にもらいに行く制度ではなく、市役所の窓口でもらえるようになれば気持ちも少しラクになるのにな~。


シングルマザー生活便利帳: 六訂版2018-2019 (ひとり親家庭サポートBOOK)

 


更新情報&つぶやきボヤキしています。
フォローよろしくお願いします(*‘ω‘ *)

ランキングに参加しています。
クリックしてもらえると頑張れます☆


 

▲離婚して不要になった結婚指輪を買取してもらいました!

-シングルマザーのリアルなブログ。