ママの一番大切なものは何?

昨日の夜、長男が突然

「ママの一番大切なものは何?」

と聞いてきました。

「う~~ん、そりゃあ〇〇(長男)と△△(次男)かな~。」

って答えたら、すごく照れて嬉しそうな顔をして、

「それは分かってる!物じゃないやん!」

「あ、そうか~。」

 

分かってると言ってくれた。
しかも嬉しそうに。照れながら。

こんなに怒られてばかりなのに(笑)、私が大切に思ってることはちゃんと伝わってた。
すごく嬉しかったです。

 

スポンサーリンク

自己肯定感が大事と言われますが。

子育てにも「自己肯定感を育てることが大事」とよく言われますが、具体的にどうすればいいのかよく分からないですよね~。

自己肯定感とは、自分のあり方を積極的に評価できる感情、自らの価値や存在意義を肯定できる感情などを意味する言葉。(実用日本語表現辞典より)

自己肯定感が低いと自分のことを大切に出来ないから、他人のことも大切に出来ない。

そして、自分にはどうせ無理、何をやってもうまくいかないから。と最初からあきらめることもあるみたいです。

子供を叱るときに言ってはいけない言葉としてよく挙がるのが、

「なんでこんなことも出来ないの!」
「〇〇君はうまく出来るのに・・・。」

などの子供を否定する言葉。

・・・正直耳が痛いです(T_T)
私も言ってしまうことがあります(>_<)

身体的暴力ももちろん子供を大きく傷つけるけど、親から言われた一言って忘れないですよね。

私も自分の親から言われた一言、ずっと覚えていることがあります。
きっと、この先も一生忘れません。

でも、今のところ長男には「ママは僕たちのことを一番大事に思っている」ということが伝わってるようなので、それは本当に嬉しいなと思いました。

もちろんこの先も、ずっとずっと言葉でも態度でも伝え続ける予定です☆

自己肯定感を分かろうとするのは親子共に難しいけれど、きっと一番の土台は「自分は愛されている。」と思えることだろうと思う。

ちなみに、「一番大切な物」として

「〇〇と△△が写っている写真かな。」

と答えました(*'ω'*)


子どもを叱り続ける人が知らない「5つの原則」

 


更新情報&つぶやきボヤキしています。
フォローよろしくお願いします(*‘ω‘ *)

ランキングに参加しています。
クリックしてもらえると頑張れます☆


 

▲離婚して不要になった結婚指輪を買取してもらいました!

-シングルマザーのリアルなブログ。