【ケアマネジャー(介護支援専門員)】の仕事とは。資格取得と仕事内容。

2016/08/30

pic_g065

介護職員初任者研修実務者研修介護福祉士 の次は「ケアマネジャー」です。
ケアマネジャーになると、介護業務というよりは事務的な作業が増えてきます。
こちらも、介護の現場で働きながら取れる資格です。

 

ケアマネジャーの仕事

ケアマネジャーとは、高齢者などの本人とその家族が望んでいる介護を的確に把握し、介護サービス計画(ケアプラン)を策定し、実施を支援する者のことをいいます。

仕事内容としては、要介護認定申請の代行業務、ケアプランの策定、介護保険の支給限度額基準額の上限管理、給付管理などです。

また介護保険施設に勤務した場合は、施設サービスの策定、介護保険費用の計算や請求事務などに従事します。

 

ケアマネジャーの資格の取り方

2018年の試験より、ケアマネジャーの受験資格や試験制度の改正が行われます。

これまでは介護業務の実務経験が5~10年以上あればケアマネジャーの受験資格が得られましたが、指定の国家資格を持って5年以上の経験を積めばケアマネジャーの受験資格を得られるというものに変更されました。

これから最短でケアマネジャーを目指せるコースは次の通りです。

介護職員初任者研修

  ↓  3年間の実務経験・試験合格・実務者研修 修了

介護福祉士

  ↓  2年間の実務経験・試験合格・実務研修終了

ケアマネジャー


▲ケアマネジャーの資料を無料請求する。

ケアマネジャーの働き方と働く場所

ケアマネジャーとして働く職場は、老人福祉施設・訪問看護ステーション・特別養護老人ホーム・老人保健施設など、多数あります。
どこで働くかによってケアマネジャーの仕事内容は変わることがあるようです。

例えば、施設などで働く場合、介護職兼任の場合が多く夜勤もありますが、委託介護支援の事業所などではケアマネジャー専任の場合もあり、夜勤はありません。
この場合は土日祝日休みの場合も多いです。

 

ケアマネジャーの収入は?

ケアマネジャーは、介護福祉士や社会福祉士、看護士などの仕事と兼任している場合が多く、ケアマネジャーのみで収入を得ている人はほとんどありません。

平均年収:400万円~(賞与込み)

平均時給:1,540円


一般的にケアマネジャーの報酬は、ケアプランの作成報酬になります。

【ケアプラン作成報酬】
 10,000円~15,000円/月

 

ケアマネジャーの資格取得までの費用

ケアマネジャーの試験を受けてからケアマネジャーとして働けるようになるまでに、約50,000円ほどの費用がかかります。

介護支援専門員実務研修受講試験:約7,000円

実務研修:約30,000円

合格後登録手続き:約10,000円

 

母子家庭とケアマネジャー。

介護職員初任者研修、介護福祉士と順調に資格を取り、もう一つ上のケアマネジャーを目指すシングルマザーは多いと思います。
収入もアップしますし、仕事内容で見ても事務作業が多くなるので体力的にはとてもラクになる気がするかもしれません。

でも、責任がとても重くなり、精神的には大変です。
子供がある程度大きくなり、手が離れたときに試験を受けるのもいいかなと思います。


▲ケアマネジャーの資料を無料請求する。

 

-仕事・資格
-, ,