特別児童扶養手当とは。

pic_g092

特別児童扶養手当の支給対象

20歳未満の政令に規定する在宅の障がいの状態にある児童。
「特別児童扶養手当等の支給に関する法律施行令」で規定される1級または2級に該当する児童。
障害等級についてはこちら

 

手当を受ける者

児童自身に対してではなく、児童の父母または監護者。

 

特別児童扶養手当の金額

  1. 児童一人の場合
    障がい等級1級・・・49,900円
    障がい等級2級・・・33,230円
  2. 児童二人の場合
    障がい等級1級・・・99,800円
    障がい等級2級・・・66,460円

手当の額は変更になることがあります。

 

特別児童扶養手当の所得限度額とは

認定を受けた請求者とその扶養義務者・配偶者(請求者と同居している父母兄弟姉妹など)の前年の年間所得額が、扶養親族の数に応じて下記の表の額以上の時は、手当の支給が停止されます。

特別児童扶養手当 所得制限限度額表

 扶養親族等の数本人 扶養義務者・配偶者 
 04,596,000円 6,287,000円 
 14,976,000円 6,536,000円 
 25,356,000円  6,749,000円
 3 5,736,000円 6,962,000円
 4人以降1人増えるごとに380,000円加算  1人増えるごとに213,000円加算

年間所得額・・・1年間(1月~12月)の全体収入から給与所得控除等の控除をした額。給与所得者であれば、源泉徴収票の「給与所得控除後の金額」、自営業など自分で確定申告をされている方は確定申告書の「所得金額の合計」の額。児童扶養手当の計算をする場合はこれに加えて養育費の8割相当額を加算した額を年間所得額とします。

1月から6月分の手当・・・前々年の所得から計算
7月分から12月分の手当・・・前年の所得から計算


特別児童扶養手当の支給日

手当を受けようとする者が、認定請求の手続きをすることが必要です。
手当は認定請求をした日の属する月の翌月分から支給されます。

支給日

 4月11日(12月から3月分)
 8月11日(4月から7月分)
 11月11日(8月から11月分)


自治体によっては10日のところもあるようです。
一般的には受給者が指定する金融機関の口座に振り込まれます。
支払日が休日の場合は、その直前の金融機関営業日に支払われます。
毎年8月には児童の養育状況や前年の所得を確認するための現況届を提出する必要があります。

 

特別児童扶養手当と児童扶養手当(母子手当)の同時受給

特別児童扶養手当
20歳未満の政令に規定する在宅の障害の状態にある児童に支給される手当
児童扶養手当(母子手当)
ひとり親世帯に支給される手当

名前が似ているのでどちらか一方しか受給できないと思っている方もおられるようですが、全くの別物です。
各家庭や所得によって制限や金額の違いはありますが、どちらにも該当する方は同時受給が可能です。

 

特別児童扶養手当の現況届とは

特別児童扶養手当を受給されている方は、前年の所得状況と8月現在の対象児童の監護状態を確認するために、毎年8月に現況届の提出が必要です。
この届け出がないと、継続して特別児童扶養手当を受けることができません。
また2年間提出しないことで手当の受給資格を失う場合がありますので、必ず期限内に確実に提出しましょう。

-支援制度
-