【平成29年度】臨時福祉給付金の支給対象者と支給日について。

2年半分を一括支給!臨時福祉給付金とは?

支給対象者平成28年度臨時福祉給付金(3千円)の支給対象者の方

平成26年度の消費税増税に伴って支給されるようになった「臨時福祉給付金」。

ありがたいことに、今年も支給されることになりました。

しかも今年は2年半分をまとめて支給されます!

 

【臨時福祉給付金】とは、

臨時福祉給付金(経済対策分)は、平成26年4月に実施した消費税率引上げによる影響を緩和するため、所得の少ない方に対して、制度的な対応を行うまでの間の、暫定的・臨時的な措置として実施するものです。(出典:厚生労働省給付金特設ホームページ

簡単に言うと、消費税が5%→8%、8%→10%に引き上げられることで起こる影響を少しでも和らげるために、所得の少ない方に臨時で現金を支給します。ということです。

 

臨時福祉給付金の支給対象者は?

この給付金は、ひとり親家庭だから必ず支給されるものではなく、

平成28年度臨時福祉給付金(3千円)の支給対象者である方が、今回の臨時福祉給付金(経済対策分)の支給対象者になります。
(平成28年度臨時福祉給付金(3千円)を実際に受給したか否かは問いません。)
具体的には、平成28年度分の住民税の均等割が課税されていない方が対象となります。


ただし、平成28年度分の住民税の均等割が課税されている方の扶養親族等となっている場合や、生活保護制度の被保護者となっている場合などは支給の対象外となります。

ひとり親家庭かどうかは関係ありません。

 

臨時福祉給付金はいくらもらえる?

82c9db7a11fc3fae4cdcb8979d8d277f_s

平成29年度臨時福祉給付金の支給額は、対象者一人につき15,000円です!

去年は1人3,000円だったのに、この差はナニ?!

実は、今年度の臨時福祉給付金は、2年半分が一括で支給されることになっています。

その理由としては、

新たに消費税率引上げと軽減税率導入が2年半延期されたことを踏まえ、また、経済対策の一環として、社会全体の所得の底上げに寄与するとともに、所得の少ない方の安心感を確保するため、平成29年4月から平成31年9月までの2年半分を一括して支給します。

と書かれています。

私がこの対象者だとすると、住民税の均等割が非課税の人の扶養に入っている人も対象になるので、

「自分+子供2人=3人」

給付金額は、3人×15,000円で45,000円になります!!

大金です!

 

 

臨時福祉給付金の申請方法は?

臨時福祉給付金の対象者には、事前に申請書が届きます。

この申請書に記入して、郵送または窓口で手続きをすると、臨時福祉給付金の申請は完了です。

市区町村によって申請期間も申請方法も違いますので、よく確認してみてくださいね。

公式HP→厚生労働省給付金特設ホームページ

 

臨時福祉給付金の支給日は?

支給日は、申請日から約2ヶ月後とされていることが多いようです。

私が申請した時は、1ヶ月と少しで口座に振り込まれました。

振り込まれる前に、「臨時福祉給付金決定通知書」というものが送られてくるので分かりやすかったです。

人口の多い都市部では、振り込まれるまで長くかかることがあるかもしれませんね。

 

これまでの支給額の変化。

この支給制度が始まったのは、消費税が5%から8%に上がった平成26年度。

この年からの支給額の変化を見ていくと、

  • 平成26年度・・・1人10,000円(児童扶養手当の受給者などは5,000円加算)
  • 平成27年度・・・1人6,000円
  • 平成28年度・・・1人3,000円
  • 平成29年度・・・1人15,000円(2年半分)

今年度、支給額は増えましたが、2年半分を一括でですからねー。

1年分になおすと6,000円ということになります。

「子育て世帯臨時特例給付金」というのもあったんですが、平成28年度から廃止になっています(*´Д`)

 

申請を忘れたら?

e71650fd50733bb89c4287d39478f42e_s

この臨時福祉給付金の申請には、3カ月~6ヶ月ほどの期間が設けられています。

その間に申請をしなければ、この給付金は支給してもらえません!

よくある「申請主義」で、知らなかった人は仕方がない、申請しなければ何もしない、というもので、この給付金だけでなく他の制度もこのような「申請主義」のものが多くあります。

期限は長く設定されていますが、「まだまだ期限まで時間がある」とほおっておいたら忘れてしまうこともよくあるので、早いうちに申請を済ませておきましょう。

申請から支給までは1、2か月ということなので、申請した人から順番に支給されていくようです。

お住まいの地域の情報をしっかりと確認して、申請漏れのないようにしましょうね。


はじめての人のための3000円投資生活

 

【この記事も読まれています】

-支援制度