掛金の安い共済と民間の保険、比較してみました。

b5ce9e13feb240bebdcbecfffe7e0211_s2

新聞の折込などでよく目にする共済保険。
保険料がとても安くてビックリしますね。
内容はどうなんだろうと気になるところですが、私が加入した民間の保険と比べてみました。

「一家の大黒柱」私が加入している民間の保険。

まず、私が加入している保険はこちらです。

加入している保険毎月の保険料もしもの時の保障額
死亡保険(定期)1,540円1000万円
収入保障保険1,500円2640万円
医療保険3,432円
合計6,882円3640万円

※33歳加入時。

全て保険見直し本舗で比較・資料をじっくり見てから民間の保険に加入しました。
33歳加入時で、保障額のわりに保険料がとても安く、自分でも気に入っています。

でも、共済のチラシを見ると、「1,000円」や「2,000円」の掛け金がとても気になりますよね。
私は「一家の大黒柱」なので、生命保険で必要な保障は死亡時に「3570万円」、医療保険で必要な保障は「入院日額10,000円」以上という計算をしています。(自分の場合を計算してみる)

これを基準に、共済と民間の保険を比較します。

共済には「県民共済」「こくみん共済(全労済)」「JA共済」「コープ共済」などがありますが、今回は「県民共済(都民共済)」で比較しますね。

 

医療保険「入院日額10000円」を基準とした比較。

 民間の保険都民共済
入院保障2型
保障期間終身60歳まで
掛け金3,432円2,000円
入院日額10,000円10,000円
入院限度日数1入院60日
(三大疾病は無制限)
1入院124日
通算入院限度日数1000日なし
通院日額
手術5万・20万2.5万・5万・10万
先進医療通算2000万1~150万
死亡保障10万

※優れている方にピンクで色を付けています。

さすがに共済は安い掛け金で保障もしっかりついています。
これが終身なら…。

 

共済の落とし穴。

実は、共済には大きな注意点があります。

都民共済の保険期間が「60歳まで」となっているところに要注意!
掛け金は安いですが、この保険は定期タイプになっています。
60歳以降はどうなっていくかというと…。

【都民共済 入院保障2型 60歳~の動き】

保障
期間
~60歳60~65歳65~70歳70~80歳80~85歳85歳~
掛け
2,000円更新・加入
できない
入院
日額
10,000円7,500円5,000円3,500円2,000円
入院
限度
日数
124日44日
手術2.5万・5万・10万1万・2万・4万
先進
医療
1~150万1~75万
死亡
保障
10万5万3万

一番入院の確率が高くなると思われる60歳以降に、入院日額がどんどん減額されていっていますね。

70歳以降には入院日額3,500円、限度日数が44日です。
かなり不安です・・・。

85歳以降は更新もされないし共済では加入できる保険がありません。
もしその後に民間の保険に入ろうとすると、とても高額な保険料になります。

 

共済と民間の終身保険を比べてみる。

「共済にも終身医療があれば・・・。」と思っていると、県(都)民共済にはないのですが、こくみん共済にはありました!

 こくみん共済
「終身医療5000」
保障期間終身
掛け金2,450円
(終身払いのみ)
入院日額5,000円
入院限度日数180日
通算入院限度日数1000日
手術5万
通院日額
先進医療
死亡保障

基準としていた「入院日額10,000円」コースはなく、最高で5,000円まででした。

でもいくら終身があったとはいえ、一家の大黒柱が入院した時にこの保障では足りませんね。

これからは、先進医療を受ける機会も増えてくるかもしれないですし、医療保険は入院中の家族の生活費にもなりますから、しっかりとした保障のあるものを選びたいです。

 

共済・民間の保険のメリット・デメリット

 県民共済民間の保険
メリット
  • 民間の保険に比べて掛け金が安い。
  • 割戻金が出ることがあり、保険料がいくらか返ってくることがあるので、実際の保険料はさらに安い。
  • 年齢や性別にかかわらず掛け金が一定。
  • 過去の病歴は自己申告で、診断書が不要。
  • もう少しだけ保障を足したい人には役立つ。
  • 死亡保障の金額が高いので、一家を支える立場の人には向いている。
  • 単独でいろんな保険を組み合わせ出来るので、自分に合ったものを選びやすい。
  • ネット保険など掛け金の安いものもあり、若い人も選びやすくなっている。
  • 種類が豊富にある。
デメリット
  • 保障額が少ない。病気での死亡保障が少なすぎる。
  • 定期保険ばかりで終身がない。(県民共済の場合)
  • 85歳以上になると入れる保険がない。
  • 医療保険・生命保険単独で入れるものがない。
  • 更新でどんどん保障額が減り、一番必要な時期(60歳以降)に、必要な額を受け取れない。もしくは保険に入れない。
  • 共済に比べて保険料が高く設定されていることが多い。
  • 高齢になると保険料が高くなりやすい。

 

今回比べてみたのは医療保険でしたが、共済には死亡保険単独のものがなく、死亡保障金額の一番高いもので3000万円、掛け金は月5,400円でした。

私の加入している民間の死亡保険は、保険料3,040円(月)で3640万円の保障なので、私の場合は絶対に民間の保険のほうがお得な気がしています。
(この死亡保険をもっと詳しく。)

 

共済保険に向いている人、向いていない人。

0539e15cb85b1f71c69277fa913af81b_s

これらを比較してみた結果、共済保険は「補助的に加入するには優れているが、共済のみで加入するのは不安が残る。」と言ったところでしょうか。

【共済保険に向いている人】

  • 今加入している民間の保険では、ちょっと物足りないなというときに、掛け金の安い共済を補助的に一定期間プラスする。
  • 大きな保障額の必要のない人。

 

【共済保険に向いていない人】

  • 一家の大黒柱のように、家計を背負っている人。
  • 大きな保障額の必要な人。



今はネット保険という、掛け金が安くて保障の手厚い保険もたくさん出ていますし、必要な保険はそれぞれ個人で全く違ってきます。

一生の安心を手に入れるため、家族のためにも何度も試算して、資料をよく見て相談して、自分の保険を見つけてください。

細かい保険の内容は、保険見直し本舗で自分に最適な保険を紹介してもらえます。


保険は病気になってからでは入れないし、加入できても高額の保険料がかかることが多いです。

そして、いつ何が起こるか分かりません。

家族を背負っている立場の方なら、なおさら早くしっかりした保障の保険に入らないと、もしものことがあっても保障が受けられなくなってしまいます。

「保険はどうなってたか?」と思ったその時に、しっかりと考えてみましょう。

保険見直し本舗
保険見直し本舗の無料相談で詳しい話を聞いてみる!

-母子家庭の保険
-, ,